2005年06月27日

3.銀行手続きその1

最低資本金規制特例の場合、株式払込金保管証明書は必ずしも必要ありません。しかし、株式会社ライブログの場合、どうせ必要な手続きなので登記申請の前に保管証明書を入手しました。

出資払込手続に必要な書類は下記になります。

1.株式払込事務委託書(会社住所、会社名、代表者名、代表者実印の押印が必要)
2.定款写(原本証明が必要)
3.発起人代表印鑑証明
4.発起人会議事録(写しの場合原本証明が必要)
5.中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律第3条の2の規定に係わる確認書のコピー(原本証明が必要)

なお、原本証明は裏面余白等に「原本の写しに相違ありません。平成○年○月○日 発起人代表○○○○」と記入し、代表者の実印を押印します。

手続にあたっては、まず銀行の法人事業担当部署に問い合わせ、必要な書類について確認をしておくのが良いでしょう。

書類提出後、約3営業日ほどで払い込み口座の連絡があります。口座の連絡を受け次第、資本金を振り込みます。この口座は特別口座なので、必ず窓口で手続をする必要があります。資本金を振り込んでから数営業日で決済証明(資本金の払込があったことを証する書面)が発行されます。
【関連する記事】
posted by LIBLOG at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4206048

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。