2005年06月29日

1−1.発起人を決める

発起人とは「会社を作る人」です。設立事務などを行い、設立の当事者として責任を負います。1人いればオッケーです。発起人になる資格は特になく、未成年、外国人、法人等も発起人になることができます。ただし、最低資本金規制特例を適用する場合には、創業者が事業を営んでいない個人である必要があります。

なお、発起人は各種手続きにおいて印鑑証明が必要になりますから、実印の印鑑登録をしておく必要があります。

株式会社ライブログの場合、発起人は3人でした。
posted by LIBLOG at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 設立準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。